PMDD専門外来

PMDD専門外来について

その精神的な不調は、月経前不快気分障害かもしれません。
しかし、ここに専門外来があります。

女性は生理前になると、胸や腹部が張ったり、体が火照り汗をかいたりします。この身体の不調は月経前症候群(PMS)と呼ばれています。

一方で、生理前に自分でも抑えられない怒りや絶望感がわき起こり、誰にも会えなくなるほどつらい思いをしていませんか。この強い精神的な不調は月経前不快気分障害(PMDD)といわれる病気が関連しています。残念ながら、まだ広く知られてなく、多くの女性が治療を受けられていません。

こうした現状を変えるため、メディカクリニックはPMDD専門外来を開始しました。心のケアは時間がかかります。しかし一人で悩む必要はもうありません。まずはあなたの気持ちを聞かせてください。治療はそれから始めましょう。

担当医

大坪天平

プロフィール

  • 浜松医科大学医学部卒業
  • 昭和大学医学部精神医学教室専任講師、准教授
  • 昭和大学附属烏山病院准教授、院長代行
  • JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)精神科主任部長
  • 東京女子医大精神神経科客員教授
  • 東京女子医科大学東医療センター精神科部長・臨床教授

PMDD専門外来受診までの流れ

予約

  1. お電話・窓口・WEB(初診専用)にて予約の受付を致します。WEBからのお申し込みはこの時点では仮予約となります。

    TEL:050-3734-5576

    窓口・電話受付時間
    月~金:10時30分~19時
    土:10時30分~17時30分
    日:10時~14時
    ※ 再診のWEBからのご予約は、聴覚・言語に障害のある方以外は受け付けておりません。お電話・窓口にてご予約ください。
  2. 予約確定(WEBの場合)

    担当者からお電話もしくはメールにて予約内容の確認をさせていただき、日時や内容が確定した時点で予約が確定となります。

  3. 初めて受診される方へ 相談表

    初めての方には、以下の3つを記入していただいております。
    ①相談表
    ②DRSP(月経前症候群症状日誌)
    ③PMDD自記式
    事前にご記入してお持ちいただくと、スムーズに診察を受けられます。
    診察前に記入していただく用紙が他にもある場合がございます。あらかじめご了承下さい。

  4. 受診日

    初診の方は、ご予約の10分程前にご来院ください。問診票等の記入をしていただいてから医師の診察となります。

    お持ちいただくもの

    • 健康保険証
    • 既に他の医療機関を受診されている方:現在内服中の薬剤または、お薬手帳、薬の説明書
    • 生活保護を受給されている方:医療券
    • 自立支援医療を受給されている方:受給者票と上限額管理票